バツイチ婚活にはシャンクレールの婚活パーティーがお勧め!

 

バツイチ婚活にシャンクレールの婚活パーティーがお勧めの理由

【理由その1】バツイチ&理解者向け婚活パーティーの開催が多い!

シャンクレールがバツイチ婚活にオススメな理由その1、バツイチ&理解者向け婚活パーティーの開催が多い

バツイチの人の婚活はやはり「バツイチ向け」の婚活パーティーが最も参加しやすいはずです。

  • 「バツイチの人が参加している」事が前提なので結婚歴が気にならない
  • 婚姻歴がある事の説明をしなくてもすむ
  • バツイチだからと気後れせずに参加できる

こうしたメリットを考えても、バツイチ対象の婚活パーティーがお勧めです。シャンクレールはこの「バツイチ&理解者向け婚活パーティー」の開催が定期的に行われています。サイトトップの右側に婚活パーティー検索の方法が掲載されています。その中に「バツイチ&理解者」という枠があり、簡単にパーティーを検索できますね。

対象としてバツイチ向けがサイトトップに載っているという事は、それだけ開催数も多く、参加者が多いから、とも言えます。

>>バツイチ向き婚活パーティーのスケジュールを見る

【理由その2】参加人数も開催数も多いから「チャンス」も多い!

シャンクレールは月間動員数20,000人以上、毎月1,000本以上の婚活パーティーを開催しているのだとか。とにかくパーティー数が多く、参加者も多いんです。

バツイチの人が再婚を希望しても「異性と出会う機会が少ない」のが大きなハードルとなっています。というのも、30代後半から40代が再婚活する人のボリュームゾーンなのですが、この年代になるとなかなか新しい出会いがないんですね。飲み友達や職場の同僚など、顔ぶれもだいたい決まってしまい、交際範囲も行動範囲も定まってしまっているのがこの年齢層なんです。再婚を目指すなら、まず「決まりきった行動範囲」を広げていくのが最初のステップ。

「あ、明日は時間があるな」と思ったら、思いついた時点でためらわずに婚活パーティーにどんどん参加して欲しいんです。シャンクレールならほぼ毎日のように婚活パーティーがあります。参加人数も多い事から、出会いのチャンスも大きく広がります。

【理由その3】40代&50代向け婚活パーティーが盛況だから

離婚した時期にもよるでしょうが、再婚希望で婚活をするバツイチの人は35歳~50歳ぐらいまでの人が多く、特に40代が中心層となります。シャンクレールは他の婚活パーティー会社と比較して、この40代、50代向けの婚活パーティーが多いようです。注目したいのは、40代後半の男女を対象としている婚活パーティーがある事です。

他社の場合には、男性は50代対象はあっても女性の年齢層はアラサー向けといった組合わせが多いんですね。その点、シャンクレールは男女共に幅広い年齢層を対象としているのが特長です。バツイチ向け、だけにこだわらなくても、少し上の年齢層向け婚活パーティーに参加してみましょう。

40代・50代向け婚活パーティーが「再婚活」にオススメなのは

特にバツイチ向けになっていなくても、この年代層になると周囲にも離婚経験者がいたり、相手に婚姻歴がある事に対しても特に気にする事のない人が増えるようです。また、結婚に対する意識も強く、「いい人がいれば」これからの人生を一緒に歩んでいきたい、と真面目に出会いを捉えている人も多いのがこの年齢層です。

【シャンクレールで「バツイチ」にお勧めの婚活パーティーは】

◎セカンドチャンス☆バツイチ&理解者応援企画

シャンクレールでお勧めのバツイチ向け婚活パーティー「セカンドチャンス☆バツイチ&理解者応援企画」

  • 対象 男性 30歳~49歳位 女性 30歳~47歳位
  • 料金 男性 6,000円 女性 1,500円

バツイチ向け婚活パーティーは、シャンクレールなら東京はもちろん、大阪でも個室スタイルで、神奈川・横浜その他の地域でもほぼ定期的に開催しています。参加者は「結婚歴がある人」もしくは「理解している人」です。自己紹介の時にもいちいち「自分は実はバツイチで」とまず婚姻歴の説明をしなくてもすむから、「バツイチ・再婚希望」の婚活初心者には特にオススメです。

>>北海道エリアで開催の婚活パーティーはこちら

◎40・50代中心 結婚・再婚特集

シャンクレールでお勧めのバツイチ向け婚活パーティー「40・50代中心 結婚・再婚特集」

  • 対象 男性 43歳~59歳位 女性 40歳~55歳位
  • 料金 男性 6,000円 女性 1,500円

ミドルエイジ世代向けの婚活パーティーも開催されています。男女共に40代以降が対象です。特に女性の年齢層がかなり高めに幅広い設定なので、20代の子と一緒に婚活パーティーに参加するのはためらいを感じる人や、アクティブな50代女性にもオススメです。相手の過去の婚姻歴をこだわる人も少ないはずなのでリラックスして参加できるでしょう。

シャンクレールなら「再婚」できるかも!? 出会える婚活テクニック

シャンクレールならではの「テクニック」を駆使すれば、再婚も叶いそう!婚活パーティーのメリットと、シャンクレール独自のシステムを把握して、これからのライフスタイルのパートナーを見つけましょう。

テクニック:詳細なプロフィールカードでアピール

シャンクレールのプロフィールカードは、カラフルでとても見やすい構成になっています。この枠を利用して、プロフィールカードを見た相手が「こんな人なんだ」とわかりやすいようにアピールするのがコツです。再婚希望の場合、特に相手の収入や職種といった背景よりも、人柄や性格、お互いの相性や共通点はないか、といったところを重要視する傾向が強いんですね。

プロフィールカードの書き方・ココがポイント!

シャンクレールバツイチ婚活でのプロフィールカードの書き方ポイント

私の好きな○○ランキング

他の婚活パーティー会社ではあまり見かけない質問欄がこの「私の好きな○○ランキング」です。好きな食べ物やスポーツ、本や映画、何でもよいので自分でテーマを決めて3つ程書けます。このランキング欄がもとで話題のきっかけになる事が多いようなので、事前に少し考えていくといいかも。

好きなタイプ

再婚希望者の中には「過去に結婚がうまくいかなかったのは性格の不一致」だから、と、好きな異性のタイプについて細かく記入してしまう人がいるみたいですね。これは見る側にとっては「そんな条件にあてはまらない」と最初からあきらめモードになってしまいますからマイナス。「明るい人」「誠実なタイプ」「優しい人」などおおまかに誰にでもあてはまりやすい事を書いておくほうがいいですね。

テクニック:メッセージカードをうまく利用しよう

シャンクレールはフリータイムの最中にメッセージカードを手渡せます。このメッセージカードはアドレスなど連絡先も記入できます。カップリングがうまくいかなかった時にも、後から相手が「メッセージカードでアプローチしてきてくれた人に連絡してみようかな」と思う事もあるそうです。まさにセカンドチャンスですね。バツイチの婚活は「何でも出来ることはみんなやってみる」ぐらいの積極性が大切。メッセージカードはぜひ2枚とも利用して、相手に印象づけましょう。

>>パーティー経験者の体験だを読んでバツイチ婚活を攻略!

テクニック:スタッフにサポートしてもらえばうまくいく!?

シャンクレールは必ず会場にスタッフがいます。司会も上手で「盛り上りやすい」と好評です。オクテなタイプや、「うまく相手に声をかけられない」なんていう時こそ、ちょっとスタッフの人に相談しましょう。実際に参加した人の中には「プロフィールカードの書き方を見てもらい、直してもらったらうまくいった」「フリータイムに声をかけたい相手の方へうまく誘導してくれた」なんて声も。

「メッセージカードをくれた女性に声をかけなかった事を後からスタッフにもったいないですよ、すごいチャンスなんですから、と言われてハッとしました。タイプじゃないからと決めつけず、自分に好印象を持ってくれた相手にはやはり声をかけて、もっと話してみればよかったと反省」した人も。

ちなみにこのカレは次の婚活パーティーでカップリングに成功したのだとか。困ったとき、うまくいかない時は婚活ノウハウを持つシャンクレールのスタッフに相談してみるのが究極のテクニックかも!

>>バツイチ向き婚活パーティーのスケジュールを見る

このページの先頭へ