再婚できる人・できない人の違いは

質問バツイチで再婚できる人とできない人の違いは

バツイチでも、再婚できるタイプと出来ない人の違いは何でしょうか? 例えば性格、子ども有る無し、経済力、外見――再婚できる人に必要なものは何ですか?(女性・29歳)

同じバツイチでも再婚できる人と出来ない人の違いがわからず悩む女性

回答出会いを求めて積極的になれる人が再婚できる人

質問主さんは「バツイチで再婚できる人とできない人の違い」を聞いていますが、私の考えでは「初婚」でも「バツイチ」でも結婚できる人とできない人の違いは同じのように思えます。

・結婚(再婚)できる人
「結婚(再婚)したい」と願い、その為に自ら出会いを求めて積極的になれる人

・結婚(再婚)できない人
そのうちいつか結婚できるだろうと縁がめぐってくるのを待っているだけの人

ココに大きな違いがあると思います。もちろん世の中には運のいい人もいれば、たまたま運命の人と出会える「めぐりあい」に恵まれる人もいます。例えば、若くてキレイな女性やイケメンで経済力もある男性は、そうした「めぐりあい」に出会いやすいという面はあるでしょう。

でも、それなら「若くてキレイな人なら誰でも結婚できるのか」といえばそうでもありません。実際に婚活パーティーでは美人な人もイケメンな人も山ほど参加しています。

外見や性格が「こうであれば再婚できる」という絶対条件などありません。なにしろ人の好みというのは千差万別で、「気が強い女性」が好きな男性もいれば「控え目で地味な女性」が良いと思う人もいます。

外見も性格も、経済力のある・なしも、それなりの影響はあるでしょうが、それが決定的となるほど大きなものではないのです。

結局は、異性との出会いが「結婚・再婚」の全てなんですよ。バツイチでも子どもがいても、出会いを求めて自分から探しに行けるタイプは、そのうちいつかきっと「再婚したくなる相手」と出会えます。

例えて言うならば、「宝くじは買わないと当たらない」わけで、「あたるといいなぁ~」と指をくわえているだけでは一生あたるわけがないのと一緒です。宝くじを買ったからといって当たる保証はありません。

でも、買わない人は絶対に当たるわけがないのです。宝くじを買った人だけが、「あたるかもしれない」切符を握ることになるんです。

婚活も同じです。再婚ならば、それぞれ事情が違うでしょう。「当たる確率」をアップさせるためにも、事情にあわせた再婚相手を見つける方法を選ぶほうが現実的です。

バツイチ向けの婚活をする事で出会いが増える!

バツイチ向けの婚活パーティーなどへ積極的に参加しての出会いの場することでバツイチでも再婚のチャンスが増える!

出会いを求めるなら、合コンへ行く事もできるし、シングルバーに通うこともできます。親戚にお見合いを頼んでみるとか、友人に誰か紹介して、とお願いする事もできます。ネット婚活もあるし、出会い系サイトやSNSのコミュニティで出会い探しをすることもできます。

この「出会いの場」を求めていく段階で初めて、バツイチの人とそうでない人では「違い」が出てきます。初婚で若い人ならば、大学や職場という社会生活の中に異性と出会う機会はたくさんあるでしょう。それが、年齢を重ねるに連れて、そうした機会が少なくなります。

ましてバツイチとなると、そして子どもがいるなどの条件が重なると、単純に異性と出会えるという場じたいが少なくなってしまいます。

だからこそ、「バツイチでも異性と出会える場所」に自ら進んで参加していく事が大切なんですね。男性(女性)にまず出会わなければ、好きな人にあたるかどうか以前の問題です。出会いがあるからこそ、その先の交際や再婚につながっていくわけですから。

>>実際にバツイチ再婚した人が出会った場所とは?

私は再婚をしたいと思った時点で、婚活の方法もいろいろと調べました。実際に結婚相談所にも行ってみましたし、相席居酒屋みたいな流行の「出会えるスポット」に行ったこともあります。

でも当時の私は40歳、中学生の息子がいるバツイチで、普通のOLさんたちにまじって男性の気持ちをつかむのは、やっぱり分が悪い……。

その点、婚活パーティーに参加した時(PARTYPARTYのバツイチ限定のお見合いパーティーでした)は、正直最初は「ついにこういう婚活をしなくちゃ、相手の男性さえ見つからない立場になったんだなぁ」なんて、ちょっぴり落ち込むところもあったんですよ。

再婚した私が「お見合いパーティーに参加してみなよ」と周囲のシングルやバツイチの人に勧めると、多くの人がちょっとだけ「え~……お見合いパーティーねぇ……」みたいに、ためらいとか抵抗感を示すものです。

でも、実際に参加してみるとわかります。自分と同じように、出会いを求めているバツイチの人がどれだけたくさんいるのか。多くの人が積極的に出会いを求めていることがわかるだけでも、なんていうか、勇気というと大袈裟かもしれませんが、よし頑張ってみようか、という気持ちになれると思います。

何もお見合いパーティーだからといって、特別なものではないんですよ。いわば幹事役の人がパーティーパーティーなどといった「パーティー運営会社」なだけなのです。「婚活婚活」と意識しすぎず、もっと気楽に参加したらいいと思います。

他にもプロフィールを登録・閲覧して良さそうな人を探して連絡をとってみるネット婚活(eお見合いなど)、担当者に采配してもらいマッチした相手を紹介してもらえる結婚相談所など、バツイチでも「出会える婚活」をしているところはたくさんあります。

再婚できるか、できないかの違いは、そんな出会いのチャンスを「これってどうなのかなぁ」と迷って時間をムダにするのではなく、「とりあえず、試してみようか」と行動に移した人です。

出会いを探そうと意欲的に動いている人ほど、新しい交流を広げて、たくさんの異性と出会い、そして「運命の人」と出会えるのだと思います。

>>パーティーパーティーがお勧めの理由

このページの先頭へ