バツイチ男性って恋愛対象ですか?

質問バツイチ男性って恋愛対象として見てもらえる?

バツイチの芸能人はモテるなんてテレビでやってますが、実際にはどうなんでしょうか? 自分は離婚から10年シングル(前妻のもとに子どもあり)ですが、周囲の女性は恋愛対象として見てくれているのでしょうか?(男性・45歳 前妻のもとに子どもあり)

バツイチの男性は恋愛対象になるのか?婚活パーティーでバツイチ男性がもてる?

回答バツイチ男性は実際にモテます!

バツイチ芸能人がどのぐらいモテているのかはわかりませんが……。

実際にバツイチの男性って女性からの人気がとても高いんですよ。初婚の若い女性ですら、「バツイチの男性は優しくて気配りがあって頼もしい」なんて憧れる人もいるぐらいですから。

再婚を真剣に考えているのなら、やはり同じバツイチ女性との出会いを求めるのがいいかもしれないですね。初婚女性の場合は、「恋人としてバツイチ男性」を見た時にはノリノリでも、いざ結婚となると躊躇したり、やはり女性の側の身内などから反対されるといった場面はあるかもしれません。

バツイチなら婚活パーティーがオススメ

質問主さんは「芸能人」を例に挙げていますが、もし外見にある程度の自信があったり、積極的で社交性のあるタイプなら、婚活パーティーに参加してみてはどうでしょうか。

婚活パーティーなら「恋人募集中」の男女が集まるのですから、「自分を恋愛対象に見てくれるのかどうか」という不安は全く不要です。恋愛対象になる人を探してパーティーに参加している人しかいないわけですから。

そこでバツイチ限定、再婚希望者中心といった婚活パーティーを定期的に開催しているパーティーパーティーシャンクレールといった大手の運営会社を選ぶといいのではないかなと思います。
(というか、私自身はPARTY☆PARTYのバツイチ限定婚活パーティーで再婚相手を見つけたのでオススメしちゃってますが)

逆に「年齢は上だが収入はある」とか「家や財産があり、相手の女性が子連れでも充分な余裕を持たせられる」とか、条件が揃っているなら、結婚相談所やネット婚活を利用するのもいいと思います。

ネット婚活というと、出会い系サイトのようなものを思い浮かべるかもしれません。例えばeお見合いなどが有名ですが、メールの遣り取りが開始した時点で料金が発生し(連絡を取りたいと希望した側のみが負担)、実際に初めて会う時は所定の場所で立会人のもとで行うといった安心できるシステムのものもあります。

バツイチ男性で子どもが前妻のもとにいる、という質問主さんの場合はたぶん養育費なども払っているのではないかと思います。こうした状況は条件としては女性側にとっては少々ハードルが高いと思われる事もあるので、婚活パーティーのように実際に相手と出会って会話をして、人柄を見てもらえる「出会い」のほうがいいかもしれませんね。

再婚活をしてみると、「あれ、バツイチで子どもがいても、意外と多くの女性が興味を持ってくれるんだな」と肌で実感できますよ。初対面の女性との出会いってドキドキしますよね?その感覚が大事なんです。恋愛対象になるかどうかは、お互いにそうした「ドキドキ感」を持てるかどうか、でしょう?

婚活パーティーに参加しているうちに、どういうタイプの女性にドキっとするのか。あるいはどんな女性からアプローチをかけられるか。体験して初めて「オレってバツイチだけど、まだまだ男性として女性を求めていけるな」ってわかると思います。机上の空論とよく言いますが、「自分は恋愛対象になりうるのか?」と条件だけでひとり悩んでみても答えは見つかりません。

>>バツイチ男性の婚活パーティー体験談

バツイチでも積極的に婚活すべき!

バツイチで再婚を希望している男性は婚活パーティーへ参加すべし!
いずれにしても、バツイチで再婚を望むなら、できる「婚活方法」はみんなトライしてみるべき、だと私は思っています。再婚できる人・できない人の違いは出会いを求めて積極的になれるとも聞いたことがあります。

見た目も普通だし、条件もさして特別にアピールできるものもない……そんな男性が実は大多数だと思いますが、だったら、婚活パーティーもネット婚活も結婚相談所も、ひっくるめて「婚活」としてトライしてみましょう。

その中で自分に合うスタイルが見つかるでしょうし、そうやって実際に女性との出会いを重ねていけば、お互いに「この人」と思える相手にいつかきっと巡り会えると思います。

40歳で中学生の子持ちの私が、思い切って積極的に婚活をした結果が、今の夫との再婚に繋がったんです。

だからこそ断言しますが、バツイチでも「異性との出会いの場」にさえ向かえば、誰にでも恋愛の対象として見てもらえます。そこにきっと、再婚したくなるような女性との出会いもあると思います。

>>バツイチ男性の婚活必勝法はこちら

このページの先頭へ