子連れ再婚の「子どもの気持ち」

質問子連れ再婚「子どもの気持ち」が心配なのですが?

私はふたりの子どもがいます。再婚したいなと思うのですが、子どもが幸せになれるのかどうか、再婚をどう思うのかがとても気がかりで不安です(女性・37歳 7歳&9歳の子どもあり)

回答子どもが幸せになれる再婚をすればいい!

子連れの再婚で気になるのが子供の気持ち子連れ婚活パーティーなら子供を幸せにしてくれるお相手がきっと見つかる

こればかりは私も「再婚すれば子どもも絶対に幸せになれます」と断言はできません。

ただ私自身も当時中学生だった息子を連れての再婚でしたが、今、「息子は幸せなのか? 再婚をどう思っているのか?」と聞かれたら、「再婚して良かったと思う。子どもも私と同じ気持ちだと思う」と答えます。

私も再婚を考えた時に、結婚相談所やネット婚活、親戚に誰か紹介してもらうなど色々と方法を考えました。ただ、まず第一に、再婚希望で婚活している事を周囲にあまり知られたくないという気持ちがありました。

これは息子も含めて、です。男性と実際に出会ってみるまで、再婚するかどうかはわからないわけですし、むやみに息子を悩ませたくないと思ったんですね。

そんな中でたくさんの男性と出会えて実際に話をしながら相手のことがわかる婚活パーティーに主流をおいて婚活をしました。

私が主に参加していたのはパーティーパーティーです。おススメのポイント等をまとめた記事がありますので、よければ見てください。→PARTYPARTYがお勧めの理由

  • 相手が子どもが好きかどうか
  • 子どもとの相性はどうか
  • 再婚で子連れである事に対する抵抗感を持っているかどうか

この辺りを会話の中で見極めるように注意はしていましたね。同時に相手の男性の思いに気持ちをめぐらせてみることも重要だと思いました。

・相手の男性が「好きになった女性」に子どもがいるとしたらどう思うか

もし自分が逆の立場だったら、と相手の行動を慮るような配慮は必要なのではないでしょうか。

親の幸せは子どもの幸せ、子どもの幸せが親の幸せ

基本的には、親の幸せを子どもは喜びます。ですから、質問主さんの心配はとてもよくわかるのですが、思い切って婚活をしてみたらどうかな、と思うんですね。

もちろん子どもの年齢や状況にもよるでしょう。例えば男の子は「大人の男性」との接触を比較的受け入れやすいいっぽうで、小さいうちは特にママ命なので「ママをとられる」と考える子もいます。

逆に女の子のお子さんがいて再婚した女性に聞いてみると「女の子は手厳しい、相手の男性の本質をついてくる」と言うのを聞いた事があります。

こうした事も、子どもと話し合う事で簡単に解決する場合もあれば、時間をかけて相手の男性と触れ合う中で自然と打ち解けるという事もあるでしょう。

それだけに、顔が見えない婚活は難しい面があると思いました。確かに結婚相談所などは「再婚、子どもあり」という前提の上にしかも自分からの希望や条件にマッチした相手を紹介してもらえます。

ただ、やはり実際に会って話している中で感じる部分が大切なように思えます。人柄とか、気質みたいなものは、会って初めて感じ取れるものです。

子連れ再婚で重要なのはお相手と子供の相性ですが、自分や子どもとの相性というのは、「優しい人だから大丈夫」というわけでもなく、例えば厳しく頑固なタイプでも、そういうタイプのほうが子どもともうまくいく、という事も充分あり得ます。

よく「好みのタイプ」と言いますが、それは人柄とひと言で言い表すことのできない部分もあるでしょう。婚活パーティーで直接出会って話をしたほうが相手に対して「自分がどう感じるか、たぶんわが子ならどう思うか」といった事を想像しやすく、敏感に感じ取れるのではないかと思うんですね。

母親と子どもの感性は似通う事が多いので、だからこそ、基本的に「親が選んだ相手」も最終的には子どもとも気持ちが通じ合うのではないでしょうか。

大切なのは、「再婚して子どもは幸せになれるのか」といった疑問ではなく、「子どもが幸せになれる再婚をしよう!」と前向きに捉える事ではないでしょうか。それは、まず「自分が幸せになりたい、幸せになろう」という気持ちからスタートするはずです。

だって、自分が不幸だったら周囲の人、特に最も身近にいる子どもが幸せに感じられるわけがないでしょう?親の幸せは子どもの幸せ、子どもの幸せが親の幸せ。どちらもお互いに犠牲にして得るようなものではないはずです。

再婚は、「自分のこれからの人生を幸せに過ごすための相手探し」です。「幸せな親に守られて、子どもも幸せを感じる」そんな再婚をするために、たくさんの男性と出会って、充分に時間をかけてお子さんと共に幸せな再婚をめざして下さいね。

>>私のおススメ婚活パーティー

このページの先頭へ