再婚したみんなの「きっかけ」は何?

質問再婚した皆さんの「きっかけ」って何でしょうか?

私はバツイチで小学生の子どもがいます。なんとなく「再婚」もいつかしたいなぁと思うようになっているのですが、皆さんはどんなきっかけで再婚を決めたのでしょう?(女性・35歳 こどもあり)

回答〝ひとり〟に不安や淋しさを感じて再婚を考える人が多い

再婚をするキッカケである「ひとりに不安や淋しさを感じる」女性

再婚を決めたきっかけとは本当にさまざまです。

まず私自身の事をお話しますが、私が強く「再婚を願うきっかけ」となったのが、「母親である自分」以外に、ひとりの女性としての幸せを望む気持ちが大きくなったからです。でも、男性と出会うような機会も全くなかったので、試しに、と思って婚活パーティーに参加してみたのが直接のきっかけといえば「きっかけ」ですね。

やっぱり、子どもが成長するにつれて、「その後、ひとりで人生を過ごすのか」といった小さいけれどつかみ所のない不安を少しずつ感じるようになってきたんですね。私自身としては、「女性としての幸せ」と「息子とふたり暮らしではない、父親・夫のいる安心できる家庭」の両方が彼との再婚で叶えられると思ったのが、再婚の決め手でした。(参考:子連れ再婚でも上手く行く?

うちはバツイチ同士の再婚だったせいか、周囲にもバツイチ再婚のカップルがけっこういます。聞いてみると、それぞれ再婚のきっかけって違うんですよね。

再婚のきっかけは人それぞれ

例えば夫の友人はバツイチで自分も父子家庭で子どもを育てつつ、婚姻歴ありの人向けの婚活パーティーで同じく子どもを持つバツイチの女性と出会って再婚しました。きっかけは「ピクニック」だったと言うんですよ!ピクニック?と思ったのですが、お互いに子連れで大きな公園へピクニックに行った時、子ども同士もケンカしつつ賑やかに遊び、どちらも気兼ねなくお互いの子どもを叱ったり褒めたりしながら、すごく楽しい1日を過ごしたんだそうです。

その時、ふたりとも同時に「私たち、家族になれる」とピンときたそうです。ふたりは実は「なんとなく婚活パーティーに参加した」感じで、いい人がいればなぁ、ぐらいの気持ちでお互いを指名してカップルになった。公園に出かけたのも、「お互いに子どもがいるから」出かけやすい場所という事で選んだみたいですが、実際にそうして「ふたりで行動してみた」中でピン!ときちゃったんですね。

かと思えば、これは私の方の友人ですが、純粋に「経済力」を頼みとして再婚を決めた女性もいます。彼女は子どもはいないのですが、バツイチで同居の母親の介護もしていました。いつも暗い顔をして疲れきっていた彼女に、「婚活パーティーとかに参加してみたら? 初対面の男性と出会って話すだけでも刺激を受けて気分が変わるよ」と勧めたのが私。

重い腰をあげて婚活パーティーに参加した彼女ですが、実際に参加してみたら「バツイチで再婚を考えて行動している人ってたくさんいるんだ」と驚いたみたいです。そこで彼女はものすごく冷静だった(笑)「もう、とにかくお金の苦労はしたくない」だから第一に経済力のある男性と出会いたいと言い、その通りに婚活。バツ2男性と再婚、しかも医師なんだとか。

彼女の夫とうちの夫も含めて飲んだ事もありますが、「ハッキリ、再婚したい理由は暮らしが厳しいから、そういう苦労はもうイヤなんです、と最初に言われてビックリした」と言っていました。でも、バツ2の彼は「ストレートで正直な所に惹かれた。お互いに束縛せず、ひとりでいる淋しさも感じない。僕らは実はベストカップルだと思う」と言っていました。

男性って単純なところもあるみたいで(笑)
うちの夫もそうですが、「仕事をして疲れて帰宅して、まっ暗な家に帰るのがイヤ」で再婚を決意するなんてパターンもよく聞きます。だから出会った女性が「見た目も地味だったけど、その地味なところに惹かれた」と再婚を決めた男性って多いみたい。

再婚してお互い老後を支えあう夫婦のイメージあとはやはり「年齢」もきっかけのひとつにはなるみたいですね。私もそうでしたが、女性なら「40歳」とか「50歳」という「大台」を前にして自分の人生を振り返るようなところがあるでしょう。50歳からの再婚活も決して遅くありません。

男性にしても、50歳前後から「老後」の事を考えるようになり、これまでの「一人暮らしの自由」から、「例えお互いに責任を負うようになっても、誰かと寄り添って生きていきたい」と気持ちが変化していくようです。「ひとりが淋しいと思った」「ひとりでいる自由にさほど魅力を感じなくなった」そんな時に出会うべき人に出会うと「再婚を決める」ことになるのかもしれません。

異性と出会う中で感じる再婚のタイミング

再婚のきっかけは人それぞれでしょうが、そのほとんどが「実際に異性との出会いの中で」具体的に感じるものです。だから、例え漠然とした思いであっても、何かちょっと「再婚したいけど……」と躊躇するものがあっても、行動してみるのが大事だと私は思います。お見合いパーティーやネット婚活など、さほどお金をかけることなく「婚活=男女の出会い」の機会を得ることは難しくありません。PARTY☆PARTYシャンクレールでは「バツイチ限定婚活パーティー」を定期的に開催していますし、eお見合いのようなネット婚活を利用する方法もあるでしょう。再婚活をしてみようと思って立ち上がること、実際に異性と出会って話をしてみること! きっかけは百人いたら百個あるんです。

>>出会いが見つかるおススメの婚活法

このページの先頭へ