[子持ちバツイチ女性]婚活スタートのタイミング

質問子持ちバツイチ女性が婚活スタートのタイミングは?

2歳の子どもがいるバツイチです。もう1度結婚はしたいと漠然と思っていますが、いったいいつ育児中の身で再婚の婚活をスタートしたらいいのか?どんな婚活をすれば良いのか?アドバイスを下さい!(女性・28歳同居する子どもひとりあり)

 

子持ちのバツイチ女性が婚活をスタートするタイミングはいつがいい?

回答再婚活は「もう1度結婚したい」と思った瞬間から

再婚の場合、いつ婚活をスタートするのがベストか?
『好きな人が欲しい、もう1度結婚したい』この気持ちが生まれた瞬間から、もう婚活はいつでもスタートできるというのが私の答えです。

私自身は40歳をすぎて、難しい年頃の子どもを抱えての再婚活でした。ひきかえ、質問主さんは年齢もまだ若く、お子さんも小さい。2歳児の育児がどれだけ大変かはよくわかります。当時の私はまだ結婚していましたが、自分の趣味(クルマ好きだったんです)にばかり没頭し、お金もつぎ込み、子どもにはほとんど無関心といった前夫でした。ですからひとりで育児をしていたも同然で、何を言っても「イヤイヤ」で何をさせても「何ひとつまだできない」2歳児にほとほと手を焼きました。そんな中で母子家庭で働いてもいるでしょうから、例え身内の協力があったとしても、そんな状況で婚活できるのか、と思うでしょう。そんな時期に「婚活をスタートさせてよいのか?今がそのタイミングなのか?」と迷う気持ちもとてもよくわかります。

でも、逆に思春期の子どもを持って婚活をした経験から言えるのは、質問主さんにとって「今婚活をするメリット」もあるというコトです。

  • 子どもが小さいうちは新しい親になじみやすい
  • 新しいパートナーと子どもを儲けることもできる
  • 相手の男性も小さい子どものほうが打ち解けやすい

そしてこれは断言できますが、バツイチとか子持ちとかヌキに考えても『やっぱり若い年齢の女性は婚活に有利』という大メリットが挙げられます。
じゃぁ私のように思春期の子を持つアラフォー世代の婚活はタイミングが悪いのかと言えばそうでもありません。

  • 難しい年頃だからこそ、子どもが賛同できる相手が見つかれば最高の出会いとも言える
  • いろいろな経験を積み、母子家庭の大変さも充分わかっているからこそ、相手の男性の良さをありがたく素直に受け取れる
  • ある種冷静に男性を見極めることができるので、次の再婚に関して失敗はないだろうという自信はある
  • 子どもの人格を尊重し、丁寧に話し続けることで時間はかかっても「お母さんとしてだけでなく、ひとりの女性としての幸せ」も納得し理解してもらえる。

こうして考えてみると、「再婚の婚活タイミング」というのは、結局「あなた次第」という結論になるのです。私の周囲には(類は友を呼ぶ?)バツイチで再婚したというカップルがけっこういるんですが、その人たちの再婚のタイミングというはまったくそれぞれに違います。

婚活の方法としては、

  • お見合いパーティー
  • ネット婚活

このあたりが再婚活スタートとしては最適ではないでしょうか。

お見合いパーティーのメリット

大勢の異性と直接会って話せる。出会い自体を楽しめるし、相手との相性やフィーリングを実感した上でおつきあいへと進める。
→私自身は婚活パーティー(PARTY☆PARTYのバツイチ向け婚活)で今の夫と出会ったんですよ。好みのタイプとは違いましたが、話しているうちに「安定した家庭」と「子どもにとっての理想的な父親像」を感じることができたのが大きかったです。

ネット婚活のメリット

条件を入れて相手を検索し、良さそうな人がいたら連絡をとって会う。手軽に利用できるのに、条件にマッチした人と出会える。
→ネット婚活は玉石混合というか、出会い系サイトのようなものもあるので取捨選択がポイント。eお見合いは、実際に相手に会う時に場所が指定され立会人もつくので女性にとっても安心です。

他にも婚活方法としては結婚相談所もありますね。
こちらは料金が高いといったデメリットはありますが、確実に相手を紹介してもらえる、条件にマッチした男性の紹介と交際に至るまでのサポートもしてもらえるといったメリットがあります。

「どんなタイミングでどんな婚活をすればよいのか」
まぁ、そういうわけで実は正解なんてないんですよね(笑)でもひとつだけ、再婚だろうか何だろうか婚活の「真実」があります。それは「実際に男性と(異性と)出会ってみること」です!

つまり行動あるのみ、なんですよ。質問主さんに限らず、人それぞれ状況は違います。特に子どもがいる場合にはその子の年齢による違いも大きいとは思います。
それでも、「タイミング」はあなた自身が感じること。「うん、誰かと出会って恋がしたい、いい人がいたらもう1度結婚したい」そんな風に思ったら、まず行動を起こしてみて欲しいなと思います!

このページの先頭へ